入門書の書き方

(更新日: 2006/01/03)

書いてみるとプログラミング入門書はどう書くか結構悩みます。自分の場合、割り切って多少本当にはじめての人に分かり辛くても出来るだけ本当に必要と思われる項目を十分に説明するように配慮しました。イメージ通りの仕上がりとは言えませんが、それなりの出来と思います。amazon.co.jpを見れば分かりますが、予想通り評価は分かれましたが 🙂

セキュリティ系の入門書もどう書くか結構悩みます。今回も結構割り切って書いています。また今回も評価は分かれるかと思います。今回の予想、前の本と反対の評価になりそうな気がします。どんな本でも同じとは思いますが、どの読者層に対して書くか、決めるのは難しいですね。

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です