マカフィー製品のインストールとアンインストール

(更新日: 2006/09/01)

McAfeeのインターネットセキュリティスイート2006を使ってみました。この製品はマイクロソフトのみ環境でのみの利用を想定しているのか、デフォルトブラウザがFirefoxだとインストール後のダウンロードで問題が発生しました。プライバシーを保護するプログラムが中途半端な状態になり、削除もアンインストールもできない状態になりました。

# しかもこのプライバシー保護用のプログラムは重すぎです。
# 結局重すぎで使えないプログラムなのでインストールしてい
# ません。あまりにCPUを使うので最初はマルウェアのプロセス
# かと思いました。

更新用のプログラムがIE6を使うようになっているのでIEがデフォルトでなければならないようです。私のLinux/WindowsのFF1.5ではサポートページのレイアウトが崩れているのでデフォルトブラウザがIE以外に設定されているのは想定外??

更新用プログラムを今時わざわざIEのActiveXとして動作させるプログラムにしてくても…と思います。しかも「セキュリティで保護されていないコンテンツ含まれています」と毎回表示される画面もあります。

とにかく困ったのはFFがデフォルトブラウザだったせい(?)で中途半端にインストールされたので、インストールも再インストールもアンインストールできなくなったことです。マカフィーのサイトにテクニカルサポートのFAQがあるのですが、インターネットセキュリティスイート2006のインストール・アンインストールは

http://www.mcafee.com/Japan/mcafee/faq/ssi_answerCSAllProducts.asp?ancQno=AP-00003&ancProd=AllProducts&ancExQNo=IS-00003&ancExProd=InternetSecurity&ancExVersion=:6%20:2005%20:2006

だけのようでした。当然ですがこのページ書いてあるようなことは既にやっています。全く役に立ちません。散々苦労してやっと

マカフィー製品を完全に削除するツール
http://www.mcafee.com/Japan/mcafee/faq/howtodownload.asp

を見つけコレで全部削除できました。一旦動作すると予告なしに勝手に再起動するので注意が必要です。再起動後にログインすると自動的に削除を再開します。セーフモードで実行すると再起動無しに全て削除できるようです。

このページの日付は2004年と日付が古いですがインターネットスイート2006でも使えるようです。きっとインターネットスイート2006ではサポート対象外なのでしょうけどFAQの分かりやすい場所に載せておいてほしいですね。マカフィー製品で困ったことになった方は上記の削除ツールを試してみると良いと思います。

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です