1秒で100万人の顔を識別し認証

(更新日: 2014/12/05)

 NEC (金杉明信社長)は、顔認証技術を利用した製品・システム開発用の顔検出・顔照合エンジンソフトの最新版「NeoFace Ver2.4」を発表した。業界最高速レベルとなる1秒間で100万人の顔データが照合できるのが特徴。5月から出荷を開始する。税別価格は250万円から。

100万人/秒とはすごいですね。従来型でも40万人/秒だったらしいです。

顔認証で時刻を登録する出退勤管理システム「NeoFace朝顔」を4月3日、3月6日にそれぞれ発売する。

ということらしいですが、この手の認証は再生攻撃に弱いので学生の出席確認などに利用すると再生攻撃が実際に行われそうです。(顔写真を機械に見せる)

「フェイスキーキャビネット」は事前に登録した顔データを鍵としてキャビネットの扉の開閉管理と利用者すべての操作履歴の顔画像を記録するシステム。不正利用者の特定やオフィス内の重要書類や機密データの流出を防止に利用する。

再生攻撃対策が行われているのでしょうか? 今時はデジタルカメラ・カラープリンタはどこにでもあります。写真での再生攻撃対策に2つくらいはカメラが付いているのかな?

警察に買ってもらいATM等のカメラと連動させれば、犯罪者を逮捕する為に使えそうな気がします。精度も問題ですが100万人/秒ならかなり使えそうな気がしますが、検証する部分を減らしているので変装に脆弱なのかもしれませんね。

顔認証ねたが他のサイトでもありました。

賛否両論ですが顔認証はやはり便利かも?!

商売的にはどうかというと

ドゥーシッチ氏によると、バイオバウンサーは3月中の発売を予定しているという。初期費用は7500ドルで、年間の利用料およびサポート料が6000ドルかかる。これだけの費用が必要になるにもかかわらず、すでに米国内、オーストラリア、ニュージーランド、イタリアから引き合いを受けていると、ドゥーシッチ氏は話す。

ということらしいです。NECさん、キャビネット作っている場合ではないかも?!

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です