Webサイト改竄の新傾向? AdSenseの乗っ取り。

(更新日: 2007/10/10)

リンク先のフォーラムによるとページ改竄が可能なWebサイトのAdSenseを自分のIDに改竄してしまう、という直接的な攻撃が行われ始めたようです。

小規模なサイトなら「自分の広告が表示されている、と思っていたら他人の広告だった」と気がつくまでには1カ月くらいは必要かもしれないので多数のWebサイトに仕掛ければ小銭稼ぎくらいはできるかも知れません。実際、実験用にこのブログにもAdSense広告を張り付けていますが、広告収入がどれくらいなのかほとんどチェックしていません。(というよりチェックしたくなるほどの広告収入にはなりません)

小銭、といっても月数万円にほどになれば発展途上国ではクラックする十分な動機になります。日本の場合、言語障壁が高いので欧米に比べればリスクは高くは無いと考えられます。

日本でもこの手の被害は発生しているのかな?

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です