UHFのRFIDに意外な弱点

(更新日: 2013/11/26)

電磁波について勉強したことはあっても専門家ではないので「UHFは人体に吸収されやすい」事に起因する問題に気が付きませんでした。電波が人体に吸収されるためUHF RFIDを利用した万引き防止装置は有効に機能しない可能性があるそうです。山のように物を詰め込んでRFIDが読み取れなくても当たり前と思っていましたが、電子レンジで物が温まるのと同じ理由で人体に近いと読み取り精度が落ちるとは(少なくとも私には)盲点でした。

しかし、再書き込み可能なRFIDを利用すると非常に危険(30万のノートPCを300円で自動清算されると困る…)、色々な条件で読み取り精度が落ちる(沢山詰め込むと… 電波が水に吸収される…)、など専門家には解りそうな気がするのですが….

「専門家の言うことは信じるな」と言われますが、本当にそうだったりする事も多いですね。自分もそう言われないよう少なくとも自分の専門分野は取り組まなければ。

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です