Drupalのwebformモジュールの更新

Drupal 8のwebfromのバージョンアップをサボっていると、バージョンアップするとパラメータのデータ型が異なる、と致命的なエラーになり動作しなくなります。

最初、エラーメッセージで検索すれば対応策が直ぐに見つかる、と思って検索しました。しかし、的確な対応方法を記載したページが検索されません。対応策は簡単です。FAQ的な情報ですが、誰かの役に立つと思うので対応策を記載します。

問題の原因はデータベーススキーマの更新です。他のデータベーススキーマ更新が必要なモジュールの場合も同様の方法で更新できるはずです。

“Drupalのwebformモジュールの更新” の続きを読む

Drupal勉強会とその時の資料

Linux Foundationは全面的にDrupalと呼ばれるCMSに移行したそうです。日本のLinux Foundationも当然、Drupalに移行しています。そこでLinux Foundationの小薗井さんから一度講師をして欲しい、と頼まれていました。PHPカンファレンスにいったので、その次の日の日曜日、9月6日の勉強会に参加してきました。

外国人の方が多い、と聞いていたのですが本当に外国人の方の割合が多かった。20名弱(?)ほどのうち4名くらい(?)は外国人の方、日本人の方(?)でも帰国したばかりで日本語がたどたどしいと言われている方もいました。とてもインターナショナルな感じで学生のころを思い出しました。

ユーザ会のURL: http://groups.drupal.org/japan

勉強会の様子は次のような感じです。

その時に使った資料を公開します。

テーマはPHPを使った安全なWebプログラミングの概要です。

http://www.es-i.jp/files/Secure-PHP-Programming.pdf

かなり古い資料をリフレッシュさせたのですが、時代の流れを感じました。昔は「まあ、いいか」と判断していた部分も今でもは「絶対ダメ」になっていたりしました。とは言っても「Webアプリセキュリティ対策入門」はこれより新しく書いたもなので今でも十分通用します。ちょうど良い時期に出版したといえるのかも知れません。

資料にタイポや概要の説明であっても分かり辛い点と思える箇所などありましたら、ぜひ教えて下さい。

DrupalなどのCMSは興味の対象外だったのですが、NetCommonsといい個人的にはブーム(遅すぎ?)になっています。ToDoリストにやりたいことが山積みです…