カテゴリー
Computer Development PHP Security Programming Secure Coding Security

セキュアプログラミング(防御的プログラミング)の歴史をざっと振り返る

キュアプログラミング(防御的プログラミング)の歴史をざっと振り返ってみたいと思います。セキュアプログラミングは防御的プログラミングとも言われるプログラミングの原則の1つ※です。古くからある概念ですが、誤解または理解されていない概念の1つではないでしょうか?

Defensive Programmingとして記載されています。

何故、一般に広く常識として理解されていないのか?その理由は防御的プログラミングの歴史にあるのかも知れません。

参考:

カテゴリー
PHP Security Security

開発者はセキュリティ問題を自己解決できるのか?

ソフトウェア開発において開発者はセキュリティ問題を自己解決できるのか?それとも自己解決できないのか?どちらが正しいのか考えてみます。

カテゴリー
Computer Development PHP Security Security

間違いだらけのHTTPセッション管理とその対策

HTTPセッション管理はWebセキュリティの中核と言える機能です。Webセキュリティの中核であるHTTPセッション管理に設計上のバグがある事は少なくありません。今回のエントリはPHP Webアプリ開発者ではなく、主にWebフレームワーク側の開発者、つまりPHP本体の方に間違いがあるという話しです。Webアプリ開発者の回避策も紹介します。

まずセキュリティの基本として「入力のバリデーションを行い、正当な入力のみを受け入れる」があります。しかし、PHPに限らず多くのセッション管理機構は当たり前の「入力のバリデーションを行い、正当な入力のみを受け入れる」を行っていません。セッションIDの再生成(リセット)も不完全な物が多いと思います。

参考:

カテゴリー
Computer Development PHP Security Programming Secure Coding

Webアプリの入力はバリデーションできない、という誤解

Webアプリの入力はバリデーションできない、と誤解している方は少なく無いようです。システム開発に関わる人でなければ誤解していても構わないのですが、システム開発者が誤解していると安全なシステムを作ることは難しいでしょう。

Webアプリの入力はバリデーションできない、と誤解している開発者にも理解できるよう噛み砕いて解説してみます。