PayPalのIDが盗まれているらしい

(更新日: 2006/06/17)

Netcraftによると、PayPalのIDが盗まれているらしい。

Webサイトの開発者にはセキュリティ対策としてHTTPSだけでは意味が無いことは100も承知だと思いますが、普通のユーザは「HTTPS=安全」と刷り込まれていると思います。HTTPSを使っていてもXSSに脆弱だと意味が無い良い例になりそうです…

HTTPSなのに接続先サイトを偽証できる理由は簡単です。XSSに脆弱であるため、ページの中身をJavaScriptで書き換えて別のサイトのユーザ名とパスワードを送信できてしまっているようです。当たり前の事なのですが一般ユーザはこのようなことができる事を知らないので、ブラウザの接続先とSSL/TLSの証明書が正しければ「目的のサイトにアクセスしている」と思います。今回の本当のサイトに不正なページが表示され別サイトに誘導されるケースでは用心深いWeb開発者でも普通にだまされる可能性が高いと思います。
# アクセス先のURLがおかしい、と気が付く可能性も高いですが。

WebアプリからXSSが無くなる日があるとしても当分来ないでしょうね…

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です