Linux/Apacheを狙った攻撃 – 確認方法はmkdir 1

(更新日: 2008/04/22)

OpenTechPressにLinux/Apache系Webサイトを狙った正体不明の攻撃についての現状報告と気になる記事があります。

この攻撃ですが、結構話題になっていて私のブログでも先日FTPとCPanelユーザはクラッキングに注意が必要と題したエントリを公開しています。OpenTechPressの記事中にもcPanelの件は紹介されていますが、非常に気になる記述がある

問題のルートキットを検出する方法ないし、感染の確認されたサーバの洗浄法についてアドバイスが得られないかをApache Software Foundationに問い合わせてみたが、Apacheのセキュリティ対策チームに属するMark Cox氏から得られたのは、「現状で攻撃者側がサーバ群のルートアクセスを得た方法の詳細はつかみ切れていませんが、同時にApache HTTP Serverに潜む脆弱性に起因していることを示す証拠も得られていません」という回答である。

Linuxサーバにルートキットがインストールされるらしい。そしてその確認方法は

感染後は数字で始まるディレクトリの新規作成が行えなくなるとされている(例えば「mkdir 1」など)。

としています。ルートキットなのでps uaxなどとしてもプロセスリストには出てこないはずです。本当にmkdir 1でファイルが作れないなら試してみるのも良いかもしれません。ただし、mkdir 1でファイルが作れないのはルートキットのバグと考えられるます。最新版では修正済かもしれません。記事に紹介されているようにパケットをモニタリングする方法の方が確実でしょう。

rootのパスワードを推測した可能性が高いと記載されていますが本当のところはどうなのか気になります。

この攻撃のすごいところは、その手法がかなり洗練されている点です。

How a Rootkit works
1. Once the Rootkit is successfully installed, the server will sit idle until rebooted. During a server reboot, the system initialization scripts will call the infected binaries.
2. When executed, the infected binary packages use /dev/mem as a pathway to the Kernel, and then attach to several system calls within the running Kernel. This results in hidden files, broken binary packages, and random JavaScript code being seen by web visitors.
3. When the system is fully online in an infected state, the Kernel will begin serving a JavaScript payload to random web requests/visits. This occurs outside of Apache and will not be seen in any of the Apache logs. The JavaScript injection will look like:
<script language=’JavaScript’ type=’text/JavaScript’ src=’cbolw.js’></script>

http://servertune.com/kbase/entry/258/

ApacheやPHPなどのWebアプリケーションレベルで攻撃用のJavaScriptを送信しているのではなく、ルートキットがインストールされたカーネルから送信している、としています。

アプリケーションレベルはもちろん、Apacheのログにも残らず、不審なファイル/プロセスも見えないこの攻撃はかなりの脅威です。

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です