IE7は自動更新

(更新日: 2006/10/17)

ついに最終版IE7 (RC1)がリリースだそうです。もしかしたらRC2くらいまでは出るのかも知れませんが、IEブログを見ると今月には出るよと書いてもあります。RC1で特に大問題が無ければリリースするつもりなのでしょう。特にコンポーネントとして使っていたりActiveXを使っているユーザは動作検証の必要性が高いと思います。

IE7ダウンロード:
http://www.microsoft.com/japan/windows/ie/downloads/default.mspx
IE7概要:
http://www.microsoft.com/japan/windows/ie/ie7/about/default.mspx

IE7タブ一覧
タブがこのように一覧できるのは便利です。このイメージでは分かりませんが英文字だけアンチエイリアスがかかっていてぼけて見えるのは好きになれません。個人的にはアンチエイリアスがかかり過ぎたテキストは非常に読みづらく感じます。

正式版は自動更新となるらしいのでかなり数のユーザがIE7に乗り換える事になります。いっそのこと「IE7しかサポートしません。全ユーザ乗り換えてね」の方がありがたい…

ときどき見かけるのですがセッション変数にフォーム状態を記録しているアプリケーションがあります。フォーム状態をセッション変数として保存すると同時にページを開いた作業が行えなくなったり、おかしな状態になったりします。Webアプリケーションとして「同時に1ページしか開かない」といった前提は設けるべきでないでしょう。IE7はタブブラウザなのでこのようなWebアプリケーションは修正が必要になってくると思います。
# 複数のIEを立ち上げれば同じことですがマルチタスク(死語ですね)を
# 無視したアプリケーション設計の典型的な例です。そういうサイトでは
# WCAGで「使わないように」と言われている「新規ウィンドウでリンクを
# 開く」機能を頻繁に使っていたりします。矛盾しているとは思わない
# ませんか?

不適切なアプリケーション設計と言えばブラウザの「戻るボタン」を利用できないWebアプリケーションも比較的頻繁に見かけます。ウィザード型のインターフェースを持つフォーム状態を維持するためにアプリケーションの戻るボタンを利用しないとエラーになるWebアプリケーションがあります。CSRF対策の意味もあるのかも知れませんが、ブラウザの戻るボタン機能を無効にする対策が優れているとは思えません。不必要に利便性を義性にしている(ブラウザの戻るを押しら前の入力が全て無効になる)と言われても仕方ないと思います。CSRF対策なら別の方法を利用すべきですし、戻るボタンを押されたら前に入力されたデータの完全性が保証できないのであれば手抜きをしているか不適切なアプリケーション設計が原因と思われます。この手のサイトは「同時に1ページしか開かない」を前提にしている事も多いのでついでにこれらの不適切な設計も直してほしいです。私もチケット予約に利用している某サイトはこの手のサイトです… そして2回に1回はマウスの戻るボタンを押してやり直しているような気がします。

タブブラウザが当たり前になることで「1クライアント=1ページ」を前提とすることは非常識な設計になれば良いと思います。ついでにブラウザの「戻るボタン」が使えないサイトも非常識な設計になれば助かります。

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です