遅いWindowsの共有フォルダ

(更新日: 2014/12/05)

前にもクライアント側でWebClientが有効な場合、Windowsの共有フォルダへのアクセスが遅くなる、と書きました。

なんだか最近Windows 2003 Serverの共有が耐え難い程遅くなってきていたので、久しぶりに様子を見てみると自動のWindowsアップデートに何故か失敗していました。再起動が必用かな、と思い再起動後に手動でWindowsアップデート(正確にはMicrosoft Updateにバージョンアップした後Microsoftアップデート)を実行したところ全てのパッチが正常に適用されました。

ついでということでWindows 2003 Server SP1も導入する事にしました。正常にインストールできたようですが、再起動すると起動中の画面でフリーズしてしまいました。SFUを入れている以外は素のWindows Serverでプリント・ファイルサーバとしてしか使っていないのに… と思いつつ強制的に再起動すると今度は普通に立ち上がって来ました。

しかし、ログインしてみるとspxss.exeがクラッシュしたとメッセージが… 何度再起動してもこのサービスはクラッシュしますが、POSIXサブシステムのプロセスらしいのでとりあえず無視。

クライアントから共有ファイルへアクセスしてみると、何故か共有フォルダへのアクセス速度が「普通」に戻っていました。SP1を当てていなかったことが共有フォルダへのアクセスが遅い原因(?)だったようです。# 少なくとも私の環境では。

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です