カテゴリー別アーカイブ: Uncategorized

第一回 中国地方DB勉強会の資料

第一回 中国地方DB勉強会の講師として参加させて頂きました。

MySQLも使っていますが奥野さんの発表は普段気にしていなかったことも多く、とても参考になりました。

私の資料もSlideShareにアップロードしました。

データベースセキュリティ

http://www.slideshare.net/yohgaki/ss-25042247

 PostgreSQL 9.3

http://www.slideshare.net/yohgaki/postgre-sql-93

 

MacBookのOSX、BootcampのWindowsアップグレード

最近の使い方だとMacBookはプレゼン、メモ、メール、それから時々コンパイルの確認とデバッグくらいに使っていす。

  • Macbook: Mountain Lionは入れられない型番
  • OS: Snow Loepard (OSX 10.6) + Windows Vista Ultimate(32bit) bootcamp
  • 仮想化: Parallels 4.0
  • UNIXツール: MacPorts

使えるところまでこのままの環境で使おう、と思っていたのですがHDD(512GB)がなんだか怪しそうだったので新しいHDD(1TB)に入れ替えました。起動できるHDDもあるのでWin/OSXの両方のOSをアップグレードしました。

続きを読む

Apple KeyboardをLinuxとWindowsで使用する 

HHKが壊れてしばらく普通のJIS配列キーボードを使っていたのですが、我慢ができなくなりLinux PC用にJIS配列Apple KeyboardのUSB版(フルサイズのApple Keyboard)を購入しました。

Macbookと同じ配列のワイヤレスの場合、長時間の入力には向かない、とAppleサイトの製品レビューにはあったのでUSB版を購入しました。

続きを読む

PROVE for PHP Version 1.1.0

PROVE for PHP Version 1.1.0を公開しました。特に重要な変更はログデータ構造の変更と各種オーバーライド機能の調整です。

今までext3/ext4ファイルシステムの場合、ディスク容量を使い切る前にパフォーマンスが低下してしまい大きなデータを保存できませんでした。データ構造を見直す事により大きなデータでも安定して動作するようになっています。

続きを読む

PROVE for PHP 1.0.3を公開

私の会社で開発・販売しているPROVE for PHPを更新し、PDOオブジェクトに対応したPROVE for PHP 1.0.3の配布を開始しました。PDOオブジェクトに対応したので幅広いアプリケーションで利用できます。PROVEは非商用の個人利用の場合、無償で利用できます。問題などございましたらツイッターやメールなどでフィードバックを頂けると助かります。

http://www.provephp.com/ja/download

PROVE for PHPとはPHPの動作を詳細に記録・比較し、PHPとPHPアプリのバージョンアップが安全に行えるか簡単にチェックできるツールです。開発中のリグレッションテストツールとして利用できます。

近日中にこのブログでもいろいろな使い方を紹介したいと思っています。

追記: RHEL5系(CentOS5など)で利用できるPHP53パッケージ用RPMのダウンロードも開始しました。

RealIP Module for PHP

リバースプロキシの背後にあるPHP用に$_SERVER[‘REMOTE_ADDR’]をX-Real-IPやX-Forwarded-Forヘッダに設定されたIPアドレスに書き換えるRealIPを書きました。

https://github.com/yohgaki/realip

少しGoogleで検索しても見つからなかったので作ったのですが、既にありそうな気がします。

PHPスクリプトで書き換えても良いのですが、アプリをバージョンアップした時に忘れる可能性があります。プロキシ・Webサーバで何とかする方法もありますが、プロキシ・Webサーバの仕様に合わせた設定が必要だったり、と不便な所もありモジュールの方が便利なので書きました。同じ事をするには他の方法がありますが、必要な方はどうぞ。

多分、PHP5.2でもコンパイルできると思います。コンパイル出来なかったら教えてください。

PROVE for PHP 0.4.0-dev リリース

PROVE for PHP 0.4.0をリリースしました。

  • IOをプラグイン化(将来PostgreSQLなどに対応)
  • prove_seek_function_call()を追加
  • ハードリンクによるコピーに対応(高速化)
  • prove_rename_function()の無効化(PHP 5.3のZend Engineの仕様変更により関数名変更はメモリエラーが発生するため)
  • ログフォーマットを更新。バージョン情報を追加。

もともとIO部分はプラグイン化するつもりだったのですが、ファイルに最適化し過ぎていた部分があったため大幅にリファクタリングしました。機能追加よりも今後の機能拡張を容易にするための変更がメインです。内部構造をかなり変更したのでバグが残っているかも知れません。もし見つけたら教えて頂けると助かります。

もうバージョンアップで困らない – PROVE for PHP

昨年のPHPカンファレンスで紹介したPORVE for PHP 開発版の公開を始めました。PROVE for PHPはこんなテストが出来ます。

  • PHPをアップデートしてアプリに影響が無い事を検証する
  • PHPアプリをアップデートしても以前と同じように動作する事を検証する

使い方もとても簡単です。

  • テストケースの作成はブラウザからアプリを利用するだけ
  • ロードバランサを用いて実運用サーバからのテストケースも作成可能
  • テストの実行はプログラムを実行するだけ
  • 違いが在った場所はプログラムの何処か確実&簡単に判明

http://www.provephp.com/

続きを読む