Apple Software Updateが「新しいアプリケーション」の「アップデート」方法を修正

(更新日: 2008/04/19)

http://www.macrumors.com/2008/04/18/apple-modifies-software-update-for-windows/

に新しいApple Software Updateのスクリーンショットが載っています。インストールもしていないのに、脆弱性が多く発見されている「Safari」(Webブラウザ)を勝手にインストールしてしまう、と非常に評判が悪かったのですがやっと修正したようです。

新しいApple Software Updateでは、インストール済みのアプリケーションのアップデートと新しいアプリケーションが明確に区別できるようになっている事が分かります。

ところで、QuickTimeも脆弱性の塊、と言えるソフトウェアです。全く使っていないユーザも多いと思われます。早くiTunesとQuickTimeの抱き合わせパッケージングも止めるべきだと思いますが、こちらは修正しない可能性が高いです。Safari強制インストールも問題ですが、QuickTimeの抱き合わせ問題も解消してほしいものです。

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です