企業ユーザはVistaにアップグレードすべきか?

(更新日: 2007/02/16)

以前のエントリでVistaへのアップグレードを薦めていますが、これは個人ユーザはアップグレードした方が良い、できればすべての個人Windowsユーザがアップグレードした方が良いと思っています。非常に多くの個人ユーザPCがボット化されている現状を考えるとXPよりVistaのセキュリティモデル(UAC)の方が優れていることは明らかです。

しかし、企業ユーザも早くVistaにアップグレードするべきとは考えていません。私が書かなくでも既に多くのブログや記事などでVistaへのアップグレードで発生する問題とXPで提供されている機能の考慮すると、アップグレードするメリットは多くない事は明らかです。アプリケーションの互換性チェックとアプリケーションの修正やバージョンアップ、実際のアップグレード作業には非常に多くのコストが必要になります。XPでも適切に管理されているPCであれば、ホームPCに見られるような「常時管理者」でログインするセキュリティ上の問題もありません。既に適切に運用・管理されているXPであれば、Vistaにアップグレードする事により、より良いセキュリティが提供される訳でもありません。

一般的な企業環境ではWindowsのクライアントはドメインに参加し、一般ユーザはドメインの通常ユーザとしてログインして利用します。ホームPCの様に管理者グループの所属するユーザでログインするような事はないはずです。普通の企業のWindows PCはファイルアクセス権限も適切に管理されているので、一般ユーザはProgram FilesフォルダやWindowsフォルダに書き込みを行えません。

適切に運用・管理されている企業のWindowsクライアントは家庭のPCのようにUACによるセキュリティ上のメリットはありません。既にXPを適切に運用している企業はVistaへのアップグレードは「できる時に行えばよい」程度の優先度です。

Vista無用、有用どちらの議論にしても対象がだれなのか明確にした方がよいですね。企業ユーザはサポート・互換性の問題があるのでVistaを選択する必要性はないですが、個人ユーザが新規にPCを購入する場合は、既に持っているものでVistaで使えないなどの問題がない限り、迷わずVistaにするべきと思います。

# XP -> Vistaへのアップグレードは難しくないですが
# アップグレード後の調整は素人向けとは言えないので
# 自身の無い方にはお勧めしません。

# とはいっても自分が普段使っているアカウントがAdministrators
# グループに所属している方はVistaへのアップグレードをお勧め
# します。

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です