Bugzillaのセキュリティホール

(更新日: 2007/08/28)

Bugzillaに結構重要なセキュリティホールがレポートされています。

CVE-2007-4538

email_in.pl in Bugzilla 2.23.4 through 3.0.0 allows remote attackers to execute arbitrary commands via the -f (From address) option to the Email::Send::Sendmail function, probably involving shell metacharacters.

CVE-2007-4539

The WebService (XML-RPC) interface in Bugzilla 2.23.3 through 3.0.0 does not enforce permissions for the time-tracking fields of bugs, which allows remote attackers to obtain sensitive information via certain XML-RPC requests, as demonstrated by the (1) Deadline and (2) Estimated Time fields.

http://www.bugzilla.org/security/2.20.4/

によると8/23には修正版が公開されたようです。コマンドインジェクションなので早くアップグレードする必要があります。

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です