デバッガさえも信用できない

(更新日: 2007/03/02)

「How to Cheat Hardware Memory Access」によるとメモリイメージさえ騙せる、としています。

先日cyberpoliceが公開した資料では市販のAntiVirusソフトで検出できたスパイウェアやルートキットなどは28%だったとしていました。ただでさえ低い検出率の上、メモリイメージまでも騙せるとなると困った物です。

カーネルレベルのマルウェアでプロセス、ファイル、レジストリが見えないのは当たり前になりデバッガで追跡するしかない、という話になっていたのですがデバッガでさえも信用できないとなると解析がかなり難しくならざるを得ないでしょうね….

水際で防止するしかないのでWindowsのホームユーザができるだけ早くVistaに乗り換えてくれることを祈るばかり?!です…

# Macでも良いですがBootcampでXPでは困りますからね…
# Intel MacだとVistaは動くが音が出ない、と聞いてますが
# 最新状況はどうなんでしょう?
# 私のノートPC(Vaio Z1)は標準VGAドライバで激遅だった
# のですが昨日ドライバをアップデートしてみたらATIドライバに!!
# XP並の速度では表示できるようになりました。

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です